FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-03-28 (Mon)
春とは思えない寒さが続いていますが、
公園を見れば早咲きの桜が咲きほこっていたり、
そして動物たちにも確実に春はやってきているようです。


久しぶりのキオ♂と椿♀。

「おはよう!」とケージの入口を覆っているビニールをあけるとこの様子。。。

・・・お邪魔だったようです^^;
つい先日も2個の卵を懸命に温めていたのですが、2個ともに無精卵でした。
でもまだ春はこれから!!!
変わらず仲睦まじい2羽に鳩の神様がかわいい生命を授けてくれるはずと願っています。



そういった意味で、どの小鳥さん・鳩さんたちよりも先に生命萌ゆる春を迎えた子たちがいます。

以前blogで【ペアになった?】と紹介していたドラミ♀が、
3月22日の早朝に無事に赤ちゃんを産んでくれました!!!
22日の朝にごはんを食べていない様子に「!?!?!」と思って巣箱を覗いてみると、
肌色でモヨモヨと動く小さな赤ちゃんが・・!!!
慌てて巣箱の入口側のガラス面を布で覆い、
その日は掃除も何もせずにただ静かにしていました。


そして23日になった深夜、初めて1枚撮ってみました。

■3月23日■
DSC_0179.jpg
わかりにくいですが、ドラミの顔の下辺りに3匹の赤ちゃんが確認できました。
この日もドラミはごはんを食べに出てきていません。もちろんお水も。
でもとにかくそのままにしていようと思って、この日もケージの中は触らず。



24日から仕事で1泊2日の予定が入っていたので、
この間何か起こっているかもしれないと心配だったのですが、
帰宅した25日の夜に空になっている器を発見!
ドラミがごはんとお水を口にしてくれていたのです。
赤ちゃんたちのために栄養補給をしに出てきてくれて、本当に一安心した日でした。
その日の様子がこれです。

■3月25日■
DSC_0183.jpg
・・・ちゃんとお母さんをしているドラミに感動しました。

他の子たちは結構体の針も出てきているのに、
ドラミから一番遠く体がひっくり返っている赤ちゃんが小さいことに心配をしました。
「体が小さい分、みんなに負けてミルクをもらっていないかもしれない」
念のために人工飼育ができる準備だけはしていたのですが、
今勝手な判断で手を出してしまって、
他の子たちまで育児放棄に陥ってしまってはと思うとただ見守るしかありませんでした。

とにかく母親の栄養不足で子喰いだけは起こさないように、
朝晩のごはんとお水だけは今まで以上に絶やさないように心かけることにしました。
後はこのチビちゃんの命運にかけるばかり・・・



26日の朝・・・ドラミが夢中になってごはんを食べている間に、
赤ちゃんたちの画像を撮らせてもらいました!!

■3月26日■
DSC_0199.jpg

・・・・・!!!!!
あ、赤ちゃん、6匹いてる!?!?!?!

赤ちゃんの数にも驚きましたが、一番驚いたのは昨日心配していたチビちゃんが、
もうどの子だったかわからないくらいに成長していること!!!
「早めの判断」と勝手な行動をとらずに母親に任せたことが正解でした。
本当によかったです( T T )

しばらくすると食べ終わって帰ってきたドラミ。
DSC_0202.jpg

赤ちゃんたちのそばにいて守ります。
昨晩の内に少し新しい巣材(アスペンの大地)を入れておいたのですが、
全部巣箱の中に持ち入ってくれたようで全部無くなっていました。
巣箱の真下がプレートヒーターなのですが、
ほかほかの巣材で赤ちゃんたちが守られてくれていたらいいのですが・・・



そして今朝・・・

■3月28日
DSC_0206.jpg

・・・感動しかない、この姿。
偉大な愛情を前に、温かい気持ちで胸がいっぱいになりました。

小さい体で、飼い主にたくさんのことを教えてくれます。







スポンサーサイト
| 小動物 | COM(2) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。