FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-10-26 (Wed)
長い間blogの更新がストップしてしまって、
久々に記事を書くにあたって「みんな変わらず元気ですよ~」という記事を書きたかったのですが、
今日は闘いの話。。。


9月の始めに、ハリネズミのドラミお母さんに目の異常を見つけました。
右目の付け根あたりから赤い部分が飛び出して目に覆い被さっているようでした。

かかりつけの先生の元へ診てもらいに行って診断して頂いた結果、
「瞬膜腺(第三眼瞼腺)が何らかの原因で炎症を起こしているので、
炎症を抑えて引っ込むのを待ちましょう」ということで、
飲み薬と目薬を処方して頂いて治療をしていましたが、
1ヶ月以上経っても飛び出した部分は引っ込む気配が無く、
炎症がしっかり治まる気配が無かったのでセカンドオピニオンを受けました。


かかりつけの病院では所見だけでの診察になりましたが、
今回はレントゲンも含めてしっかりと検査をして頂き、
その結果それが【腫瘍】であることが判明しました。

・・・最初からしっかりした検査をお願いしていればと後悔の念が絶えませんでしたが、
原因がわかった以上後は誠心誠意飼い主としてできる治療をしてあげるのみです。

先生から、
「ドラミちゃんはまだ若いので、できる限り目を残す方法で手術を進めたい」とお話があり、
ドラミは明日その手術に向かいます。

幸いにもドラミはとにかく元気いっぱいで、
毎日ごはんもしっかり食べて遊び回っていて、
先生もドラミの若さと元気な様子で【目を残したい】と考えて下さったそうです。

結果的に腫瘍が転移性のある悪い物だった場合には、
最終的には目の摘出も考えなければいけませんが、
レントゲンの結果では骨を溶かすような悪性腫瘍では無く、
目の周りの骨もしっかりとしているので、
今の段階では転移している可能性はかなり少ないとのこと・・・ホッとしました。


先生には、【ドラミの命を最優先して下さい】とお願いをし、
後はドラミが無事に手術を終えて帰ってきてくれることを祈るしかありません。


ドラミは立派なお母さんですので、きっと強い心と体を持っているはず!!!!


今晩、先生にドラミを託します。
スポンサーサイト
| 小動物 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。